rokudenashi-blues

吉祥寺にある帝拳高校周辺を主な舞台とした、ヤンキー達による学園モノ漫画。連載期間が1980年代後半から1990年代半ばにまたがっているため、作中に登場する高校生(特に女子高生)のファッションが、年を追うごとに徐々に変化している。

1988年から1997年まで週刊少年ジャンプに連載された。

前田文尊

人生はひとつやないっちゅーこっちゃ 若いうちはなんぼでもやり直しがきく しばりつける方がまちごーたるゆーもんや

一人で生きてんじゃねーんだよ バァーカ

あいにく 俺は信頼とか友情とか深く考えた事ないんでね 誰に媚びるわけでもねェ… 自分の中の何となく大事なモンそれを守ってんだ

明日死んだらどーする!?今一番やんなきゃなんねー事をやってからじゃねーと死にきれねーんだ

力が信頼を生むんじゃねぇ 信頼が力をくれるんだよ

俺はプロをあきらめてでも奴らを一発殴ってから死にてェ
今一番やんなきゃなんねー事をやってからじゃねーと死にきれねーんだ

安心しな俺の凶器は身体ひとつだ

笠先生

たわけ―っ 一少女の愛する殿方の写真をたたきつけるとは何事だ!貴様は今少女の清らかな心をふみにじったんだぞ!! 恥を知れ!恥を!

愛する人がいてこそ人生は素晴らしい 思い出は大切にせんとな

輪島倍達

答辞 俺はとうとうこの学校で……六度目の春を迎えた 
21にもなりゃいいオヤジだ どのツラ下げて学校来てんのか自分でも見てみたいぜ 
けどやめたいなんて思った事は一度もない 俺は学校が好きだった 荒んでいた時期もあった 愚連隊と化した応援団を率いて派手に暴れまくった事もあった 
しかし道を踏み外しそうになる度………多くの仲間に支えられ俺は立ち直ってきた 友達や先生や家族…今まで出会った全ての人々に感謝したい 
人生に悔いを残すな だから精一杯やるだけの事はやれ 他人に頼ってばかりじゃいけないが 
必ずどこかに信じ合える仲間がいる 大いに助け合って生きろ 
俺はこの六年間で 人間として何よりも大きな事を学んだ 年くった分出おくれたなんて思っちゃいない ここで得た物を今後の人生にいかに活かすかだ 
俺の尊敬する奴が世界チャンピオンになる頃 俺は世界一の建設王になってるだろう
我が栄光の帝拳高校は永久に不滅だ 卒業生代表 三年一組 輪島倍達

スポンサーリンク