クレヨンしんちゃん

主人公の生意気でいたずら好きな幼稚園児・野原しんのすけが日々巻き起こす騒動に両親をはじめとする周囲の大人たちが振り回される日常を描いたギャグ漫画。基本的にはギャグ作品だが劇場版では「大人も子供も笑って泣ける映画」になっている。

1990年から漫画アクションで連載開始。テレビアニメは1992年から20年以上放送中。

野原しんのすけ

悪いことをした時はごめんなさいって言うんだゾ。
幼稚園じゃみんなそうしてるゾ

自分をぎせいにしてでも他人を助けるのが人間の愛なんでしょ?

この御恩は、忘れるまで忘れません

オラ、ひまの素敵なお兄さまだから!
ひまが女子大生になる未来を怪獣なんかに壊させないから!!
強い人は弱い人を助けてあげるもんだからァ!

成せば成る、洗えば食える何物も

努力する事だって才能だ!のろまなカメは努力でウサギに勝ったんだ!

シロはオラの友達、シロもオラの家族!父ちゃんがいて、母ちゃんがいて、オラがいて、ひまがいて、シロがいて・・・シロはオラんちの家族!野原シロなんだ!

話を聞かないで疑う、大人の悪い癖ですな

野原みさえ

あなたには分からないかもしれないけど、親っていうのは子供のためなら何だってできるのよ!

ダメよ。パパはローンと税金の話すると落ち込んじゃうんだから元気づけてあげなさい。

わかったわよ!私も行くわよ!しんのすけに会えるんなら戦国時代でもどこでも行ってやろうじゃないの!

もったいねー飲み方すんじゃねーっ!! ウチの亭主なんか安い酒チビチビ飲んでるんだぞーっ!

スポンサーリンク