touch2

上杉達也、上杉和也は一卵性双生児。スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。高校1年生でありながら野球部のエースとして活躍する和也だったが、地区予選決勝に向かう途中に交通事故死。そして達也は和也の「南の夢を叶える」という夢を継ぐために野球部に入り甲子園を目指す

1981年から1986年まで週刊少年サンデーで連載されたあだち充の代表作。

上杉達也

上杉達也は浅倉南を愛しています。世界中の誰よりも。

きれいな顔してるだろ。
ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで…。
たいしたキズもないのに、だた、ちょっと打ちどころが悪かっただけで…
もう動かないんだぜ。な。ウソみたいだろ。

そうだな…こんなとき、やさしい女の子なら………だまって、やさしくキスするんじゃないか……

男は好きな女のためだと、自分でもおどろくようなことができちまうもんだよ。

腕たてふせ200回も刃物も同じだろ、最初からビビってたらそれまでだぞ。
やればできるかもしれねえし、やらなきゃなにもできねえ。

エラーのたびにカリカリしてたら投手はつとまらないぜ

比べようがねぇなら比べるな!

だったら奇跡を信じればいいじゃないスか。
アテにはしません。信じるだけです。

試合をするのは9人。有名も無名もねえよ。同じ高校生だぜ

無死二塁プラス長打2、さて何点?……野球は数学じゃないよな。

どんなに速え球投げたって、和也とちがって裏づけがねえんだよ。
積み重ねたものがねえんだよ。
きっと大事なとこでボロがでる。そして一度崩れたらボロボロさ。

なくしたものをとりもどすことはできないけど、 忘れてたものなら思い出せますよね・・・監督。

スポンサーリンク