ダイヤのA

中学最後の大会、一回戦で自らの暴投により敗退してしまった沢村栄純。仲間達と高校でリベンジをと考える中、東京の野球名門校・青道高校からスカウトが訪れる・・・。

2006年第24号から2015年第7号まで第1部が連載。2015年第38号から第2部が連載開始した。

沢村栄純

エースになるためにここに来てるんだ!
その気持ちだけは誰にも負けるつもりねーっスから!!

みんなが休んでる時にやらなきゃ…いつまでたっても一軍には行けねーっスから…

認めさせるんじゃない チームメイトに認められてこそエースなんだ・・・

俺は逃げも隠れもせん 全球ど真ん中だ!

いつだってコイツらが見てくれてんだ ハンパなマネだけは絶対にできねぇ

あの日から― 前へ進んだのか 後ろに下がったのか それを証明するには―・・・

今 投げるのがスゲェ楽しいんっス!!
だから欲張らないと!!

もう 揺るがねえ…揺るがねぇぞ!

アウト1つ取れねぇで何が先発だ・・・・何がエースだ・・・・
ちくしょう・・・・俺は弱い

狙いすぎてもよくない… ミットをずっと見てんのも力が入りすぎるかもな… リラックス…リラックス… 力を入れるのは その一瞬 指先(ここ)―!!

確認…実行 さらに応用 手にした武器を 自分のものに

浮かれてるヒマなんてない―… 勝ったチームは前へ進むしかないんだ

何を迷ってんだよ!このまま終わってもいいのか!?
こんなチャンス次 いつくるのか分かんねぇんだぞ!!自分の力すべて出し切ったって胸張って言えんのかよ!!

仲間が点を取ろうって言ってくれたんだ… ぜってー帰る!!

何にせよ準備しといて怒られることはねーだろ?

いいじゃねーか誰かの影響だって… 明日の一戦に甲子園が懸かってんだ
何一つ やり残したくない―

こいつは俺達 赤城中の魂だ!!
俺達が届かなかった夢 お前達に託そう…
闘魂注入――おいしょー!!

ここで逃げてちゃ エースにはなれねぇ

そうだ…これは勝負… 勝つか負けるかの 真剣勝負 生き残るには 相手を倒すしかない
負けちゃ駄目だ …絶対… 気持ちで負けちゃ駄目だ―

怖いっちゃあ怖いっスけどね 今も でも自分のピッチングが出来ずにマウンドを降りる方がもっと怖い…
ビビって自分を見失って…それがその時の自分の実力だったとしても 同じ悔しさは二度と味わいたくないじゃないですか?でなきゃ毎日バカみてーに練習できないっスよ!

スポンサーリンク