ff2

1988年12月17日にスクウェアから発売されたファミコン用ゲームソフト。ストーリーの中核をなす重要キャラが多く犠牲になる。

おとうさん・・・おとうさんは もう帰ってこないのね・・・

竜騎士が・・・私たちを逃がすために・・・
ヨーゼフ ミンウ シド リチャード・・・みんな死んでしまった・・・もうたくさんよ!!

リチャードも死んでしまったのですか・・・戻って来ると言ったのに

そうですか・・・リチャードまでも・・・
でも、彼は誇り高き竜騎士です。名誉のために死ねて本望でしょう・・・うっうっ。

情けないが・・・このざまだ。俺はこんな様だが飛空船は無傷だ!
俺が動けるようになるまでお前たちに貸してやる。いいか、貸すだけだぞ!!大事に使えよ・・・
・・・ウッ・・・ぐふっ・・・ゲホッ!」

あれはシドの遺言だったんだ!!
分かるだろう?奴は死んじまったんだ!あいつは死を覚悟してた。その時から飛空船をお前たちに譲るつもりだったんだ。
あいつは飛空船を心から愛していたんだ!奴の気持ちをわかってやってくれ!

この…私が… 敗れるとは… 信じられ…ん…
二度までも…、おま…え…に…!
おまえは…、いったい… な…にもの…
ウボァー!

長き戦いが
今、終わりを告げた
皇帝も、パンデモニウムも、
魔物たちもすべてが
跡形もなく消え去った
世界に平和が 戻ったのだ・・・
人々は 戦いの傷跡をいやし
苦しかった日々をいつしか忘れていくだろう
しかし 決して忘れはしない
世界を救った 若者たちがいたことを

俺がここへ来た時は まさに地獄絵図だった…。
何の力もない老人や子供まで ここの魔物の餌食に なっていた。
なんとか、魔物のいない場所に 町らしいものを築くまでに
ほとんどの人間が やられちまった

スポンサーリンク