七つの大罪

ブリタニア一の大国・リオネス王国は、聖騎士達による『聖戦』のための軍備強化、更に増長した彼らの横暴によって荒れに荒れていた。国の現状を憂いた第三王女・エリザベスは、10年前の事件によって指名手配されている伝説の騎士団『七つの大罪』に救国の助力を願うため一人旅立つ。実りのない旅の果てに辿り着いた酒場でついに追っ手に捕まってしまったエリザベスは、その酒場の主人である少年・メリオダスに救われる。実は彼こそ『七つの大罪』の団長、『憤怒の罪のメリオダス』だった。メリオダスもまたかつての仲間を探し放浪の途中であると告げ、二人はリオネスの未来のため旅路を共にすることになる。

週刊少年マガジン』2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。

メリオダス

三千年繰り返してきたこの戦いに
今度こそ決着をつける!!

・・・全然よくねぇよ・・・事態は深刻だ
でも正直エリザベスお前が無事ならそれでいい

人はいつか死ぬ
でも・・その想いを誰かが守り続ける限り想いは死なねえ
想いを守ると決めたらどれだけ血を流そうと涙の一滴まで涸らそうと貫き通す!!

たとえお前が死んでも・・・
オレはお前との約束を果たす!!

この剣は死んでも離すわけにはいかねぇ
それがオレにできる唯一の償いなんだ!!!

どんなに嘘ついたって自分の心だけはだませねえんだぜ

この寝顔。
このボディライン。
このニオイ。
この弾力・・・
やっぱり女だな!!

エリザベス・リオネス

私も王国と人々を守るために戦い続けます
たとえメリオダス様が今死んでしまったとしても

唯一・・・・・・
聖騎士たちを止める希望があるとすれば<七つの大罪>だけなんです!!

ホーク

ムダなものなんて何一つないんだぜ

俺は残飯処理騎士団団長なんだぜー

ディアンヌ

キミのためなら戦っていいと思った
今日のキミがあんまりカッコ良かったから

頼っていいんだよ
ボク達はもう仲間なんだから

キミは 自分には 力がないって言ってたけど・・・ちゃんとあるよ
ボクや団長の心を動かす力が

バン

お前はオレの大切なもんを傷つけた
それがお前の罪だぜ

<本当の罪>ってのは・・・滅ぼすことなんてできね~~のさ

いつか必ずお前を奪う

キング

どうして…オイラはいつも…… いつも…
大切なものを守ることが… できないんだ

キミの元に必ず戻る 約束するよ

とりあえず4回は死んでくれる…?
でないとあいつに怒られるからさぁ

ゴウセル

初体験は誰にでもある

俺はどんなに弄ばれても ある程度耐えられる身体に造られている
わはははは

戦闘中のよそ見は命取りだぞ

人間って脆い

ヘルブラム

俺っちは人間が憎い!!
だから五百年殺し続けた!!でも足りないんだ!!
この地上から人間を残らず殺し尽すまでは!!

ヘンドリクセン

ようこそ
新しき力を渇望する勇士たちよ・・・!!

スポンサーリンク