コナン

高校生探偵・工藤新一は幼馴染の毛利蘭と遊園地に遊びに行った帰りに謎の組織によって体を小さくされてしまった。自分が生きていることが分かれば周囲に関わった人間にも危害が及ぶ。正体を隠す為に江戸川コナンと名前を変えた新一は蘭の父親で名探偵の毛利小五郎の家に居候し、周囲で次々に起こる事件を持ち前の推理力で解決しながら、元の身体を取り戻すために謎に包まれた黒の組織の陰謀を追っていく。

1994年から週刊少年サンデーにて連載開始。

江戸川コナン(工藤新一)

小さくなっても頭脳は同じ!迷宮無しの名探偵!真実はいつも1つ!!

オメエのことが好きだからだよ… この地球上の誰よりも

優れた芸術家のほとんどは死んでから名を馳せる。
お前を巨匠にしてやるよ、怪盗キッド。監獄という墓場に入れてな…。

ヘタな事言ってみろ、あいつは今よりもっと俺に会いたくなっちまうじゃねーか…
待ちぼうけをくらわされているその憎々しい男は姿を現す事ができねーっていうのによ…
もうあいつの涙は見たかねーんだよ…あいつの中から俺の存在が消え失せる事になってもな…

いるかもしれないんだそこに…この世で一番死なせたくない奴が…

お前に見せてやるよ真実ってやつを、この世に解けない謎なんて塵一つもねぇってことをな!

死ぬ時は一緒だぜ……

オレを信じろ・・・100%成功する!!

アイツ(灰原)と約束しちまったんだよ。ヤバくなったら俺が絶対守ってやるからって…。

バーロォ、おめぇのおかげで、あの時の気持ちに戻れたなんて、口が裂けても言えるかよ…

だめだよレイ
たとえどんなに辛く悲しいことがあったとしても麻薬と殺人はやっちゃならねぇ反則
みっともねぇレッドカードだよ

1度に口から出しちまった言葉は、もう元には戻せねーんだぞ・・・
言葉は刃物なんだ。使い方を間違えると、やっかいな凶器になる・・・
言葉のすれ違いで一生の友達を失うこともあるんだ・・・

スポンサーリンク