幽遊白書

子供をかばって交通事故死してしまった主人公の浦飯幽助。幽助の死は霊界にとって予想外の出来事であり、試練を受けて生き返ることになる。生き返った幽助は霊界探偵として活動を始めるのだった。

浦飯幽助

「よぉ・・・。地獄から舞い戻ってきちまったぜ

ちょうど3年したら戻ってくる。約束するよ、そしたら…結婚しよう。

オレが相手だ。向かってくるヤツァ、老若男女区別しねー。

てめーも今、男なら、ハンパなマネすんじゃねー。心がそうならきっちり女になっちまえ!!

さあ、どっちが頑丈(タフ)かな!?

よォ、ボーズ。目ェ覚ましたら言っとけや。またやろうぜってな。

なさけねェ。仲間一人助けられねェよ…。許せねー…。誰より、自分自身(オレ)を許せねーよ……。

あんたが魂を捨てた代わりに得た力全部… 全部まとめて使ってかかってこい あんたの全てを壊して オレが勝つ.

お――い、ば――さ―――ん。勝ったぞ―――!!

あ!?ねぼけてんじゃねーぞ。オレは浦飯幽助だ。生き返ろうが生まれ変わろうが他の何でもねェ!!

ただのケンカしようぜ。国なんかぬきでよ。

桑原和真

うるせー!勝負しろ!皿屋敷中のNo.1はオレだ!
今日こそ、てめーにオレの靴の裏をなめさせてやっからな!

ヤツに会うまで、タメ年でケンカで負けたことなかったんだ。
このままじゃ死んでも死にきれねーぜ!

マジで生き返ったらしいな。往生際のワリー野郎だぜ。
だがな、オレがすぐ地獄に送り返してやるからな。つくづく運のねーヤツだぜ

笑わせんじゃねーよ、てめーのオカマパンチなんざ効かねんだよ。
自慢じゃねーが、オレは毎日のように浦飯の殺人パンチを受け続けた男だぜ

てめーの球はバッティングセンターの120Km/hより遅い!

スポンサーリンク