鋼の錬金術師

幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスのエルリック兄弟は、母親を生き返らせようと、錬金術における最大の禁忌、人体錬成を行ものの失敗。エドワードは代償として失った右腕と左脚に機械鎧(オートメイル)を装着し仮の手足を手に入れる。
12歳となったエドワードは国家錬金術師となり、二つ名「鋼」を授けられ、鎧の体となったアルフォンスと共に元の体に戻る為、絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出る。

2001年から2010年まで月刊少年ガンガンで連載。

エドワード・エルリック

偽善で結構!やらない善よりやる偽善だ!

腕だろうが 足だろうが 心臓だろうが 全部くれてやる
だから返せよ たった一人の弟なんだよ

お前の手は人を殺す手じゃない 人を生かす手だ

痛みを伴わない教訓には意義がない
人は何かの犠牲なしに何も得ることはできないのだから
しかし、それを乗り越え自分のものにした時……
人は何にも代えがたい鋼の心を手に入れるだろう

今度お前を泣かせる時は、嬉し泣きだ!

・・・・・・人殺しはかんべんしろ
あんたらの事を人間じゃないと認めちまったら
オレはオレの弟をも人間じゃないと認める事になる
オレの弟は人間だし あんたらも人間だ
殺しはいやだ

人間なんだよ!ニーナ一人救うことの出来なかった。ちっぽけな人間だ。

約束したんだ・・・!たった一人の家族と、必ず国家錬金術師になるって・・・!

等価交換だ 俺の人生半分やるから おまえの人生半分くれ!

立って歩け 前へ進め
あんたには立派な足がついてるじゃないか

錬金術にはいろんな使い方がある。だがな盗みに使うのだけは許せない

人にうらみ買うような事は・・・いっぱいしてるけど・・・命ねらわれるスジあいはねーぞ!

スポンサーリンク