食戟のソーマ

下町の定食屋の息子・幸平創真は、父・城一郎を越えるべく料理修業に励む日々を過ごしていた。中学校卒業後は家業の定食屋を継ごうと考えていたが、城一郎は突然店を閉めると宣言し海外へ行ってしまう。そして創真は、城一郎の命により超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学することになる。

週刊少年ジャンプにて2012から連載開始。

幸平創真

今日…アンタに勝って、得るものぜんぶ、俺の血肉にして帰るよ

お前の料理は―― 失敗しないからつまらん

店の仕事も… 料理勝負も、絶対に降りらんねぇなら、あきらめて前のめるしかねーじゃん?

出刃一本で足りねーなら、俺の料理人としてのぜんぶを賭けてでも、お前を倒すよ。美作…昴!

上座にふんぞり返ってるだけじゃあ作れねー物もあるぜきっと…!

数限りない食材と数限りない調理法。俺は全部を試してみたい。料理ってものを食い尽くしてみたい!

これは俺たちの、想像力のケンカだ!

ふりかけの真価は白米の上でこそでしょう!

食材の値段だけで喜んでちゃ、料理人の名折れだと思うぜ

「不味いわよ」って言われたままで店の名に泥を塗る訳にもいかねーな。
楽しみにしてなっ。アンタの口からはっきりと「美味い」って言わせてやるよ!
俺の料理の限りを尽くして―――

丼はあくまで 「一椀で」完結するんだぜ

俺らは学生である前に… 料理人なんだよな―― 料理は何が何でも出す!! 手伝えっ

スポンサーリンク