『スラムダンク奨学金』は、スラムダンクの作者である井上雄彦氏が「この作品をここまで愛してくれた読者とバスケットボールというスポーツに、何かの形で恩返しがしたい」という志から始まった若いバスケ選手の支援制度です。

奨学生をプレップスクールに派遣し、より高いレベルでの競技者として成長しうる機会を与えてくれます。

当サイトもこのバスケ選手の支援制度の賛同しています。

奨学金の原資は、『スラムダンク』の印税の一部と、有限会社アイティープランニング、株式会社 集英社の拠出金で成り立っています。

スラムダンク奨学金の公式サイトを見てみる
http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp/

若いバスケ選手を応援したい!そんな気持ちでもう一度スラムダンクを読んでみませんか?

Slam dunk―完全版 (#1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
slam-dunk1

スラムダンク奨学金は2006年に始まり、2016年で10年目を迎えました。第一回奨学生の並里 成(なみざと なりと)選手は2008年に渡米しサウスケントスクール入学。琉球ゴールデンキングスを経て、2015年に大阪エヴェッサ(bjリーグ)に入団しています。

SLAM DUNKのデータをまとめてみた